コンテンツへスキップ
サイト全体で 10% オフ \ 税込みコマーシャル

責任権

目的と構造


(1) このパートは、製造物責任指令に準拠するために必要な [F2 があった] ような規定を設ける目的で [F1 が制定され]、それに応じて解釈されるものとします。

このパートでは、文脈上別途必要な場合を除き、「扶養家族」と「親族」は、それぞれ 1976 年 M1 死亡事故法と [2011 年 F4 損害賠償法 (スコットランド)] での意味と同じ意味を持ちます。
製品に関して「プロデューサー」とは、次のことを意味します。
(a)それを製造した人。

(b)製造されていない物質が落札または譲受された場合、それを落札または譲受した者。

(c) 製造、獲得、または抽象化されていないが、その本質的な特徴が実施された工業プロセスまたはその他のプロセス(たとえば、農産物に関連する)に起因する製品の場合、輸送した者そのプロセスを終了します。

「製品」とは、あらゆる商品または電気を意味し、(以下のサブセクション(3)に従う)コンポーネント部品または原材料であるかどうかにかかわらず、別の製品に含まれる製品を含みます。そして
「製造物責任指令」とは、責任に関する加盟国の法律、規制、行政規定の近似に関する、1985 年 7 月 25 日付けの [F5 欧州連合] 理事会指令 (No. 85/374/EEC) を意味します。不良品の場合。

(3) このパートの目的上、製品を構成する製品を供給する者は、その製品が構成部品であるか、原材料であるか、その他であるかにかかわらず、その製品を供給するという理由だけで、何らかの製品を供給するものとして扱われないものとします。このように構成された製品の一部。

本文の修正

F1 秒単位の単語。 1(1) 製品安全性および計測等 (改正等) (EU 離脱) 規則 2019 (SI 2019/696)、reg. によって置き換えられます (2020 年 12 月 31 日)。 1、Sch. 3パラ。 2(1) (SI 2020/676、規制 1(1)、2 によって修正); 2020年c. 1、Sch. 5パラ。 1(1)

F2 秒単位のワード。 1(1) 製品安全性および計測等 (改正等) (EU 離脱) 規則 2019 (SI 2019/696)、reg. によって置き換えられます (2020 年 12 月 31 日)。 1、Sch. 3パラ。 2(2) (SI 2020/676、規制 1(1)、2 によって修正); 2020年c. 1、Sch. 5パラ。 1(1)
F3 sにおける「農産物」の定義。 1(2) 省略 (EW) (4.12.2000) SI 2000/2771、art. SSI 2001/265、art. 2(2) およびその同じ定義は省略されました (S.) (19.7.2001)。 2(2)
F4 秒単位の単語。 1(2) 2011 年損害賠償法 (スコットランド) (asp 7)、ss. により (S.) (2011 年 7 月 7 日) を置き換えました。 15、19(3)、Sch. 1パラ4(1) (ss. 17、19(2) を含む); SSI 2011/268、アート。 3、(第4条付き)
F5 秒単位の単語。 1(2)(c) は、リスボン条約 (用語の変更) 2011 年命令 (SI 2011/1043)、条項によって置き換えられました (2011 年 4 月 22 日)。 4(1)

欄外引用

M1 1976 c. 30.

2 不良品に対する責任。

(1) 本部の以下の規定に従い、製品の欠陥によって全体的または部分的に損害が生じた場合、以下の第 (2) 項が適用されるすべての者がその損害に対して責任を負うものとします。

(2) このサブセクションは以下に適用されます:

(a) 製品の生産者。

(b) 製品に自分の名前を載せたり、製品に関連する商標やその他の識別マークを使用したりして、自分が製品の生産者であると主張した人物。

(c) 事業の一環として、他の人に製品を供給するために、その製品を [英国] に輸入した者。

(3) 前述のとおり、製品の欠陥によって損害の全部または一部が生じた場合、その製品を供給した者(損害を受けた者、当該製品が使用された製品の製造者であるかどうかを問わない)以下の場合、損害賠償責任を負うものとします。

(a) 損害を受けた人は、製品に関連して上記サブセクション (2) が適用される 1 人以上の人物 (生存しているかどうかにかかわらず) を特定するようサプライヤーに要求します。

(b) その要求は、損害発生後の合理的な期間内で、要求を行った者がそれらの人物全員を特定することが合理的に現実的ではない時期に行われたものであること。そして;

(c) 供給者が、要求を受け取ってから合理的な期間内に、要求に応じないか、または供給者に製品を供給した人物を特定しない。

F7(4)

(5) 本章に基づいて 2 人以上の者が同じ損害に対して責任を負う場合、その責任は連帯するものとします。

(6) このセクションは、このパートによる以外に生じるいかなる責任にも影響を与えるものではありません。

本文の修正

F6 秒単位の単語。 2(2)(c)は、製品安全性および計量等(改正等)(EU離脱)規則2019年(SI 2019/696)、reg.2020年12月31日によって置き換えられました。 1、Sch. 3パラ。 3 (SI 2020/676、規則 1(1)、2 によって修正); 2020年c. 1、Sch. 5パラ。 1(1)
F7 S. 2(4) 省略 (EW) (4.12.2000) SI 2000/2771、art. SSI 2001/265、art. 2(3) およびその同じ条項は省略されました (S.) (2001.7.19)。 2(3)

改変等(文章の改変は除く)

C1 S. 2(2)(b) 1994 年までに修正 (1994 年 10 月 31 日) c. 26、s. 106(1)、Sch. 4パラ。 1(2); SI 1994/2550、アート。 2

3 「欠陥」の意味。

(1) 本セクションの以下の規定に従い、製品の安全性が人々が一般に期待する安全性を備えていない場合、本パートの目的では製品に欠陥があると見なされます。これらの目的のために、製品に関する「安全」には、人身への危害や人身への損害や身体への危害を避けるために、製品をさらに表面または壁に固定し、最も密封する必要があるという条件の中で述べられているメーカーの権利に関する安全が含まれるものとします。製品に対する責任は製造者または販売者の責任ではなく、すべての製品、その製品に含まれる製品、および物的損害のリスクに関連した安全性の配送および受領については、新しい所有者のみが責任を負うものとします。 、また、死亡または人身傷害のリスクに関連して、個人的か否かにかかわらず、あらゆる商品の新しい個人事業主、消費者または小売業者が発生した損害に対して責任を負うという製造業者または販売者の条件があります。

上記サブセクション (1) の目的のために、人々が製品に関して一般に何を期待する権利があるかを決定する際には、以下を含むすべての状況が考慮されるものとします。 製品が販売された方法および目的。製品の立ち上げ、製品に関連するマークの使用、および製品に関する、または製品に関連した行為、またはその行為の差し控えに関する指示または警告について理解し、製造業者、小売業者、または販売者の条件を理解すること。利用規約;

製品に関して、または製品に関連して行われることが合理的に期待されること。そして;製品がその生産者から別の生産者に供給された時期。また、本条のいかなる規定も、その期間以降に供給された製品の安全性が当該製品の安全性よりも優れているという事実のみから欠陥を推測することを要求するものではありません。

4 守備。

(1) 製品の欠陥に関して、本パートに基づいて人(「訴訟を起こされた人」)に対して起こされた民事訴訟においては、以下のことを示すことがその人にとっての抗弁となるものとします。

(a) 欠陥が、法令により課せられた要件、または法律に基づいて課された要件、または [F8retained] [F9EU] 義務の遵守に起因するものであること。または

(b) 異議を申し立てた人物は、いかなる時点においてもその製品を他者に提供していないこと。または

(c) 以下の条件が満たされていること、つまり—

(i) 訴訟を起こされた人物による他者への製品の供給は、その人物の事業の過程以外でのみ行われたこと。そして

(ii) 上記第 2 条(2) はその人物には適用されない、または利益を目的とせずに行われた行為にのみ適用される。または

(d) 当該時点では製品に欠陥が存在していなかった。または

(e) 該当する時点の科学的および技術的知識の状態は、問題の製品と同じ説明の製品の製造者が、製造中に自社の製品に欠陥が存在していた場合にその欠陥を発見すると期待できるようなものではなかったこと彼の支配下にある。または

(f) その欠陥—

(i) 問題の製品が含まれていた製品 (「後発製品」) に欠陥があった場合。そして

(ii)完全に後続製品の設計、または後続製品の生産者が与えた指示に対する問題の製品の生産者による遵守に起因するもの。

(2) このセクションにおいて、「該当する時刻」とは、電気に関しては、電気が生成された時刻、つまり送電または配電される前の時刻を意味し、その他の製品に関しては、次のことを意味します。

(a) 訴えられた人物が製品に関連して上記第 2 条のサブセクション (2) が適用される人物である場合、その人物が製品を他者に供給した時刻。

(b) 製品に関してそのサブセクションが該当者に適用されない場合は、製品に関してそのサブセクションが適用される人物によって製品が最後に供給された時刻。

本文の修正

F8 秒単位のワード。 4(1)(a)は、製品安全性および計量等(改正等)(EU 離脱)規則 2019 (SI 2019/696)、reg. により挿入 (2020 年 12 月 31 日) されました。 1、Sch. 3パラ。 4 (SI 2020/676、規則 1(1)、2 によって修正); 2020年c. 1、Sch. 5パラ。 1(1)
F9 s の単語。 4(1)(a) は、リスボン条約 (用語の変更) 命令 2011 (SI 2011/1043)、art. 2011 年 4 月 22 日に置き換えられました。 6(1)(e)

5 責任を生じる損害。

(1) 本セクションの以下の規定に従い、本パートにおける「損害」とは、死亡、人身傷害、または財産 (土地を含む) の損失または損害を意味します。

(2) ユーザーは、上記第 2 条に基づいて、製品の欠陥、製品自体の損失または損傷、または製品の全体または一部の損失または損傷について、責任を負わないものとします。当該製品に含まれる製品が付属して提供されています。

(3) 人は、上記第 2 条に基づいて、紛失または損傷した時点で以下のことが行われていない財産の損失または損傷について責任を負わないものとします。

(a) 通常私的使用、占有、または消費を目的とした財産の説明。そして

(b)損失または損害を受けた人が主に個人的な使用、職業、または消費を目的としたもの。

(4) 本項および利息に対する責任を除き、財産の損失または損害に関して、その者に与えられる金額が支払われる場合には、本パートに基づいていかなる損害も与えられないものとします。 、275ポンドを超えないこと。

(5) このパートの目的のために、誰が財産の損失または損害を被ったか、またそのような損失または損害がいつ発生したかを判断する際には、損失または損害は、所有者が所有する最も早い時点で発生したものとみなされます。財産への関心があり、損失または損害に関する重要な事実を知っていた。

(6) 上記第 (5) 項の目的において、財産の損失または損害に関する重要な事実とは、財産に利害関係を持つ合理的な人がその損失または損害を考慮するに足る損失または損害に関する事実です。責任を争わず、判決に満足することができた被告に対して損害賠償訴訟を起こすことを正当化するのに十分重大な行為である。

(7) 上記のサブセクション (5) の目的上、個人の知識には、その人が獲得することが合理的に期待されていたであろう知識が含まれます。

(a) 彼が観察または確認できる事実に基づく。または

(b) 彼が求めるのが合理的な適切な専門家のアドバイスの助けを借りて彼が確認できる事実に基づく。

しかし、人は、その事実を取得するための(そして、適切な場合にはそれに基づいて行動するための)すべての合理的な措置を講じなかった場合を除き、専門家のアドバイスの助けを借りてのみ確認できる事実についての知識を持っていると本サブセクションのおかげで解釈されないものとします。アドバイス。
(8) 上記のサブセクション (5) から (7) はスコットランドには適用されないものとします。

6 一定の法令等の適用について

(1) 上記第 2 条に基づいて個人が責任を負う損害は、以下の原因によって引き起こされたものとみなされます。

(a) 1976 年 M2 死亡事故法の目的のため、その人物の不法行為、怠慢または債務不履行による場合。

(b) 1940 年 M3 法改革 (雑則) (スコットランド) 法の第 3 条 (共同悪行者間の寄与) の目的のため、当該人物の不法行為、過失行為、または不作為によるもの。

(c) [F10 2011 年損害賠償法 (スコットランド) 法の第 3 条から第 6 条] (死亡者の親族の権利) の目的のため、本人の作為または不作為による。そして

(d) M4 1982 年司法行政法第 2 部 (人身傷害等に対する損害賠償 - スコットランド) の目的のため、行為または不作為によってその者に損害賠償責任が生じた場合。

(2)どこで—

(a) 製品の欠陥が全体的または部分的に人の死亡を引き起こした場合、またはその欠陥によって生じた損害を受けて死亡した場合。

(b) 上記セクション 2 のサブセクション (3) のパラグラフ (a) に記載されているような要求が、その人の個人的代理人によって製品の供給者に対して行われた場合、または死亡が全体的または部分的に引き起こされた人の場合には、製品の供給者に対して行われた場合欠陥によって、その人の扶養家族または親戚によって。そして

(c) そのリクエストに関して、同サブセクションのパラグラフ (b) および (c) に指定された条件が満たされている、

この部分は、1934 年 M5 法改革 (雑則) 法、1976 年死亡事故法、および [2011 年 F11 損害賠償 (スコットランド) 法] の目的のために、そのサブセクションに基づくその人物に対する供給者の責任が依存しないものとして効力を有するものとします。その者がサプライヤーに特定の人物を特定するよう要求した場合、またはその者による要求に関連して前述の条件が満たされた場合。
(3) 1976 年 M6 先天性障害 (民事責任) 法の第 1 条は、本パートの目的に対して次のように効力を有するものとします。

(a) 子供の親に対する出来事の影響に関して、上記第 2 条に基づいて責任を負っている、または責任を負っていた人は、製品の欠陥によって全体的または部分的に引き起こされた出来事に関して子供に対して責任を負っていた、または、その出来事が子供の親に損害を与えた場合には、その責任を負います。

(b) 上記第 2 条に基づく責任に関する本部の規定は、上記第 1 条に基づく上記パラグラフ (a) による責任に関連して適用されます。そして

(c)上記第 1 条の第 (6) 項(責任の除外)は省略されました。

(4) 損害が部分的に製品の欠陥によって、部分的に損害を受けた人の過失によって引き起こされた場合、1945 年 M7 法改革 (寄与過失) 法 M8 および 1976 年死亡事故法第 5 条 (寄与過失)は、その欠陥が、その欠陥によって生じた損害に対して本パートにより責任を負うすべての者の過失であるかのように効力を有するものとします。

(5)上記(4)項における「過失」は、1945年法律におけるものと同じ意味を有する。

(6) 本法の別表 1 は、本パートによる訴訟の提起に関連した適用において、1980 年 M9 制限法および 1973 年時効および制限法 M10 を改正する目的で発効するものとする。

(7) 本パートに基づく責任は、あらゆる事項に関して裁判所に管轄権を与える法律の目的において、不法行為責任として扱われることをここに宣言します。

(8) 本部のいかなる規定も、1965 年 M11 原子力施設法第 12 条の運用 (同法に基づく権利に限定される特定の義務違反に対する補償を受ける権利) を妨げるものではありません。

責任の免除の禁止。

製品の欠陥によって全体的または部分的に損害を被った人、またはそのような人の扶養家族または親戚に対する本パートに基づく人の責任は、いかなる契約条件によっても制限または除外されないものとします。通知またはその他の条項によって。

本文の修正

製品安全性および計測等(改正等)(EU 離脱)規則 2019(SI 2019/696)、reg. により、F12 S. 8 は省略(2020 年 12 月 31 日)されました。 1、Sch. 3パラ。 5 (Sch. 3 パラグラフ 6 付き) (SI 2020/676、regs. 1(1)、2 による修正); 2020年c. 1、Sch. 5パラ。 1(1)

9 パート I のクラウンへの適用。

(1) 以下のサブセクション (2) に従って、このパートはクラウンを拘束するものとします。

(2) 国王は、このパートに基づく国王の責任に関して、1947 年 M12Crown Proceeding Act に基づいて国王が不法行為または賠償責任を負う以上にこのパートに拘束されるものではない。この法律は時から発効しているためである。時間に。